MENU

学生向けの引越し業者ならプロスタッフがおすすめ

大学での卒業や入学で引っ越しを予定されている学生さんにおすすめなのがプロスタッフの引越し単身パックです。

 

一人暮らしの荷物の運搬に最適な荷物量で、大手の単身パックと比べても大容量で料金も格安です。学生さんが引っ越しに掛かる費用を少しでも安くしたいと思っているならおすすめの業者です。

 

プロスタッフの営業地域は東京都、神奈川県、千葉県、大阪府、京都府です。これらの地域にお住まいの学生さんであれば、プロスタッフの名に恥じない高品質なサービスで格安料金の引っ越しをすることができます。

学生さんにぴったりなプロスタッフの引越し単身パック

プロスタッフの引越し単身パックでは大手よりも多い大物4点、小物20点が基本料金で運べる荷物量として設定しています。

 

大手の単身パックでは容量が小さすぎる学生さんにぴったりです。例え初めての一人暮らしでも冷蔵庫、洗濯機、ローチェスト、コタツくらいの家具家電をお持ちの方は多いのではないでしょうか。また自転車やベッドなどの積み込みにくい荷物でも問題なく運べるのもこのプランの魅力です。

 

他社の単身パックでは荷物を載せきれない、追加料金を取られそうな方におすすめの容量なのです。それ以上の荷物についても1点単位で計算するのでリーズナブルで、トラックも別便となることなくまとめて運べるので便利です。

 

大物に関しては荷造り不要で、スタッフが引越し専用資材で梱包し丁寧に運びます。ベッドの分解もスタッフが対応するので安心です。

 

安すぎる料金設定の引越し業者は荷物によってはお客様の手伝いが必要なこともありますが、このプランではそんな心配も無用です。

 

またプロスタッフは単身専門ではなく、家族荷の大きな荷物も普段から運んでいる引越し業者です。大きな冷蔵庫をいつも運んでいるスタッフだからこそ、単身用の小さな冷蔵庫や洗濯機は余裕を持ってお運びすることができます。格安だけど安心して学生さんの引越しを任すことができる会社です。

 

※移動距離や建物の条件によって追加料金が掛かります。詳細は公式サイトかお電話でお尋ねください。

 

電話の見積もりで料金比較も楽々

とにかく引越し費用を安く収めたい学生さんは一社だけでなく、複数の引越し業者から見積もりを取ってみたいでしょう。単価が安い学生さんの引越しであっても業者によっては万単位の料金差があることも珍しくありません。一社だけで決めると損をする可能性も高いのです。

 

プロスタッフの引越し単身パックなら電話による見積もりで正確な料金を提示できるで、料金比較したい、他社の見積もりも聞いてみたいあなたにおすすめです。

 

住所や建物の条件、正確な荷物を教えていただければその場で料金が分かります。お電話の内容と食い違いがなければ追加料金もいただいていません。

 

「他社で見積もりを取ったけど予算オーバーだった」「もっと色んな引越し業者の料金を聞きたい」と思っているならぜひプロスタッフの電話見積もりを活用してください。

 

※ネットでの料金比較サイトで得られる見積もりで分かるのはおおよその金額が多く数万円の幅を持たせたものです。実際には訪問見積もりが必要なケースが多いのでご注意ください。

 

長距離引越しも混載便で安くします

大学の入学や卒業にともなう引っ越しは他府県からの移動距離が長い場合も多いです。長距離引越しは距離に比例して料金アップするために、近距離の引越しとは比較にならないほど高い費用が掛かるのですが、プロスタッフでは混載便により費用を少しでも安くします。

 

混載便はお届けまでの日程に余裕を持ってもらうほど安くできる確率が高まるのですが、実家帰りですぐ荷物を必要としない引越しなどはまさにぴったりです。

 

関西(大阪、京都)と関東(神奈川、千葉)間の引越しは拠点があるだけに特に安くできます。それ以外の地域についても地域密着の同業他社と手を結ぶことで大手に負けないネットワーク網を構築し格安の長距離引越しを目指しています。

 

ただし、混載便を集めるためには一定の期間が必要です。長距離引越しが決まっているならできるだけ早めにお問い合わせください。

不用品の買取で引越し費用をさらに安く

実家帰りの学生さんの引越しではもう家電や家具は使わないというケースもあるでしょう。捨てるのはもったいないので、とりあえず運んでおくという考えの人もいるでしょうが、特に実家が遠方の長距離引越しでは荷物を減らすことで料金がとても安くなることがあります。

 

そんな場合に便利なのがプロスタッフの不用品買取りです。リサイクルショップとの提携で比較的新しい家具家電は買取りさせていただいていますので、うまくいけば引越し費用を大きく節約できます。

引越し料金を格安にする方法

引越し業者に見積もりをしてもらったけど、もっと安い料金で契約したいならここで紹介する方法を試してください。うまくいけば半額以下に値引きすることも可能な方法をまとめました。

 

日程を変更する

引越し料金は日程を変更するだけで驚くほど安くなる場合があります。引越し業者が忙しい時期ほど高くなり、暇な時期は安くなります。

 

特に学生さんの卒業や入学の時期である3月4月は引越しの繁忙期(シーズン)と呼ばれ一年で最も料金が高くなります。もし、実家経由の引越しであるなら大きな電化製品や家具類を後から送り、繁忙期にはダンボールだけ宅配便で送るという手もあります。

 

また繁忙期を含め他の月も月末ほど忙しく、月初から中旬は暇になります。さらに土日、祝日といった休日よりも平日の方が安くなります。

 

引越しは日柄を気にされる方も多いので大安や友引も忙しくなるので外した方がより安い金額で契約できます。いつでも良いのならいっそ引越し業者と相談してみるのが一番おすすめです。

 

複数の引越し業者で見積もり比較する

引越し業者ごとの料金差は学生さんのような少量の引っ越しでも時に万単位になることもあります。ある業者では5万円の見積もりが他社では3万円、2万円ということも珍しくありません。

 

元々相場が安い引越し業者もありますが、タイミングによっては大手でも安くできる場合もあります。偶然、指定した日がキャンセルで空きがあったり、センターが近かったり、午前中の現場がすぐ近くだったりとした原因でも激安の見積もりが出る場合があります。

 

こういった偶然は1社2社だけを見積もりに呼んだだけでは出会えません。

 

また複数の引越し業者を競わせることで、値引き幅もどんどん大きくなることもあります。一社だけの見積もりでは言い値で契約させられることになるのでおすすめできません。契約したい引越し業者があったとしても、3社は見積もりに呼びましょう。

 

不用な物は処分して荷物をコンパクトにまとめる

もう必要の無い物をお金を払って運んでもらうのはもったいないです。現在のお住まいで不要な物はできるだけ処分することで引越し料金は安くなくなります。

 

しかし不要品を廃棄するには費用が掛かります。できるだけ安くできるように、リサイクルショップの買取りやヤフオクやメルカリなどで売却、あるいは知人にあげることで処分費用を節約できます。

 

複数の引越し業者を呼んでいるなら不要品処分を交渉材料とするのもおすすめの方法です。

 

運んでもらいたい荷物についてもコンパクトにまとめることで費用が安くなる場合があります。ほとんどの業者では引越し料金を荷物の容積で計算し、宅急便のように重量を図りません。

 

例えばスチールラックやカラーボックスはばらしておけば、それだけコンパクトになります。ダンボールへの箱詰めも余分なスペースを空けることなく、多少種類が違う小物であっても一つのダンボールに詰め込むと枚数も少なくて済みます。

 

開始時間を引越し業者お任せにする

通常の引越しではトラックの予定を午前と午後の二枠で組みますが、学生さんの引越しのような少量の荷物の場合には、さらに細かな時間枠でスケジュールを調整します。

 

時間指定をしてしまうと、大回りのルートを余儀なくされることで、時には回れる件数も減ってしまうこともあります。その為、学生さんの単身引越しは時間指定をしないフリー便で契約した方が安くしてもらえる可能性が高いです。

 

ダンボールを自分で集める

3人以上のご家族の引越しのダンボールを自分で集めるのはコスパの面でもおすすめできませんが、学生さんの引越しのような少ない荷物の場合には、自分でダンボールを集めることで、無料提供している引越し業者から値引きを引き出せるかもしれません。

 

というのも引越し用のダンボールは意外にコストが掛かっており、ホームセンターで購入したら小さなサイズでも200円くらいの値段の物も珍しくありません。必要がないならその分だけ値段を引く引越し業者もいると思います。

 

長距離引越しの場合

大学生なら卒業や入学による引っ越しは他府県への長距離になる場合が多いでしょう。しかし長距離引越しは近距離の場合と比べても業者間の料金差があります。

 

近距離の料金差はブランド力の違いによる場合が多いですが、長距離になると輸送コストをいかに削減しているかが引越し料金に大きく反映しています。

 

遠方への同一地域への荷物を混載便や帰り便、あるいはコンテナ便やフェリー便などを使って安く運搬している引越し業者なら、それだけ安い料金で運んでくれるはずです。

 

長距離引越しを得意とする業者を慎重に選んで見積もりを依頼するのがおすすめです。